気になる〇〇をレビュー

人生で不要なこと、無用なことをの多さ。あなたはしてませんか?

「人生でやらなくていいリスト」を読んでみた。考えさせられることが多い

こんにちは、ねねこです。

朝、妻に子どもがこういわれてました。

「勉強も他も何でも出来ないといけない」「頑張らなくてはいけないよ」

息子は何かいいたそうでしたがガマンをしている様子。

「本当に何でも出来て頑張らなくてはいけないのかな?」

そう思いながら、あとから息子をなぐさめておきました。

今回は我が家のやりとりと、これから紹介する本の内容が近かったのでこのように話を進めました。

みんなにもこんな経験はないでしょうか?このセリフはいつになってもいわれること。

「何でもはできないし、人によって出来ることは限られてくる」

大人になってこう分かりました。出来ないこともあると。

ねねこ

大人になっても「頑張らなくちゃいけない!」「何でも出来ないといけない」よく聞くと苦痛なセリフだよね。

 

本の紹介 「人生でやらなくていいリスト」

今回はこの本を紹介させていただきます。

人生やらなくていいリスト

著者 四角大輔(よすみだいすけ)

経歴

  • 現在は5社の役員を兼任、起業家やアーティストを育成、大学非常勤講師をしながら執筆活動。
  • 前職はレコード会社勤務アーティストプロデューサー。「平井堅」「CHEMISTRY」「河口恭吾」などをプロデュース。
  • 趣味はアウトドア、釣り、キャンプ
  • 現在はニュージーランドに移住

この素晴らしい経歴の著者だが、30歳まではダメな社員だったそうです。

その生活のなかでも「これはやるべき、これは常識」この言葉に疑問を感じていた。

30歳を過ぎたころから自分の感覚を信じて、得意なことを集中したら仕事、人生が成功した。

今までの日本は「何でもできる平均人間」を作ってきた。

やらなくていいものは横に置いて、全力を出せるもので勝負しよう!

「やらなくてもいい。できなくてもいい自分らしくていい。」

本にはこうありました。

この本は「人生やらなくていいもの」をポイントにしてあります。

そのポイントを自分なりに考え、アレンジしてみんなに紹介していきます。あなたには「やらなくていいもの」はありますか?

やらなくていい その① 欠点を直さなくていい

不機嫌な犬

子どものころ「○○が苦手なんだからやりなさい」とわたしもよくいわれた方です。

妻も子どもにいってますね。(冒頭にもありましたが)あなたはどうでしたか?

日本人は苦手なところを直して「オールラウンド型」を育てようとするところがありますね。何でも少しずつやれるようにと。

「苦手なところを克服!」これも大事ですが

「長所を伸ばす」

こちらの方がもっと大事な気がします。苦手を直すには時間と努力がとても必要。

その時間と努力を長所にあてたらどれだけスゴイことになるのだろう?

「自分の好きなことをやる」「得意なことをやらせてあげる」

こういう考え方はどうでしょうか?これは我が子にもやってあげたいこと。大人も同じことです。

  • 「自分の得意なことで社会に挑戦できないか?」
  • 「人間好きなことで働くことができないか?」

この考えは大人も子ども、どちらも必要ですね。

やらなくていい その② 隣の芝生は見なくていい

「比較をするな」ということですね。例えばわたし。転職を何回もやってます。

世間一般からしたら

「あの人は落ち着きがない」「奥さんと子どものことは考えてるのか?」

と思われてるに違いありません。

この「世間一般、世間の常識」にとらわれると好きなことができません。

苦手なことや苦しいことを延々とやってるほうがムダです。

「他人の目線、意見は気にしない」

「あの人はあんないい企業に勤めてる」「あの人の家はとても立派だ」どうでもいいですね。

他人のことはどうでもいい。大事なことは「自分は何を1番求めているか?」

これです。わたしは「たくさん自分のことに使える時間」がほしいです。あなたは何を1番目指してますか?

やらなくていい その③ 逃げ道は作っていい

疲れ果てたおじいさん急な話なんですが、数日前にわたし涙が出てしまいました。それもいい年の男が。

 

転職して慣れない環境、妻との会話なし、SEXレス(他にもいろいろありますが)で日々の生活が嫌になりました。

今まで溜まってものが爆発したみたいです。辛くなり本当にひとりで遠くまで行きたくなりました。

あなたは辛いことや苦しいことがあったら、人に聞いてもらったりストレスの発散は出来てますか?

男、女、大人は関係ない。泣きたいときは泣く。逃げたいときは逃げよう。

1つの会社や、小さな人間関係で「自分自身」が無くなっているぐらいなら、その生き方や考え方は捨てましょう。

そして、もっと楽に生きましょうね。

やらなくていい その④ 長い時間働かなくていい

苦悩するサラリーマン

転職した会社の人がこういってました。「うちは給料が安いから、残業しなくちゃ…」

「もちろん生活していくお金は必要だが、余分なものにお金を払っていないか?」

こう思いますね。「車のローン、月に何回も行く飲み屋代、異常なまでの趣味」

ムダなものが多すぎではありませんか?

長く働く前に、このムダをなくせば多少は労働時間が減らせれるのではないでしょうか?

長い労働時間が美化されてきた時代は大昔ですよ?長時間働いて「お金」はたくさんもらえますが「自由、時間、家族、健康」これらをなくしませんか?

あなたは、お金をとりますか?それとも違うものをとりますか?

やらなくていい その⑤ 常識に従わなくていい

若い人のチャレンジその②にも書きましたが、みんな「世間一般の常識」にとらわれてしまって「やりたいこと」が出来なくなってませんか?

 

あなたのやりたいことはできてますか?わたしは少しずつですが出来てます。

「あの国の○○に行ってみたい」「○○にチャレンジしてみたい」

できそうですか?「お金はどうするの?」「仕事はどうするの?」聞こえてきそうです。

お金は貯めればいいし、仕事はまた探せばいいのではないでしょうか?

常識の道から少し横にそれてもいいじゃないですか?自由に動けるのは若いうちだけですよ!

やらなくていい その⑥ 勝算はなくていい

戦う人

「○○にチャレンジ!、やってみたい!」この意気込みはスゴイです。でも、たまにいませんか?

「成功するかな?」「多分、ムリなんじゃ…」と考える人がいます。わたしはこの考え方を出来るだけ自分からなくす努力をしています。

物事を始める前に最初から結果を求めていると、何も出来なくなってしまうから。

失敗は誰でもするし、どうでもいいことでは?結果を求めすぎて

「挑戦しなかったことのほうが失敗」

です。

これはわたし自身にもいってることだし、子どもにも伝えていることです。

この本を読み終わって、伝えたいこと

わたしはやりたいこともあるし、行きたいところもあります。

  • 行きたいところは「日本全部」これは1年間に数回ですが継続中。
  • やりたいことは「フリーランスで働くこと」これはまだ目標の段階です。

成功までの道はどれだけ遠いか?、上手くいくか?も分からない。本の文章をお借りして書くと

「自分の心地いいペースで歩いていく」

ねねこ

 この言葉を自分で信じて、これからも歩いていこう。

まとめ

この本のポイントをわたしなりにアレンジして書いてきました。どうだったでしょうか?

どれも大事でしたがそのなかでも

わたしが特に大事にしてること

  • やらなくていい その② 隣の芝生は見なくていい
  • やらなくていい その⑤ 常識に従わなくていい
  • やらなくていい その⑥ 勝算はなくていい

この3つでしょうか?常日頃から気にしています。あなたは何番が1番「大事にしなければ」と思いましたか?







ABOUT ME
ねねこ
自分の人生での経験や失敗など悩んでいる方の参考になってくればと思っています。 やりたいことやって、行きたいとこにいって人生エンジョイを目指す!!