会社、転職に悩んだら

ドライバーへの転職を考えている人へ。良い会社、悪い会社の見分け方とは?

ドライバーへの転職を考える

ドライバー転職してみようかな?

ドライバーの仕事してみたいな?
こう、悩んでいる方はいませんか?ぜひ、ドライバーの仕事やってみませんか?

なぜなら、輸送業界は…

深刻な人手不足に悩まされています

この問題は簡単に解決できるものではありません。人手不足の理由はこのようになっています。

  • インターネットで買い物する人が急増
  • ドライバーの高齢化

このふたつが大きな原因なのです。あなたが余程、

「体力がない、欠勤しがち、仕事ができない」

このようなことがない限り、面接に落ちることはないでしょう。それぐらい、輸送業界はピンチに立たされているのです。

ここで、ひとつ悩んでしまうことがあります。それは…

会社の選択の仕方

では、ないでしょうか?
輸送業界に長年携わってきたわたしが、

入社していい会社、悪い会社

のポイントを教えます。入社した会社で損はしたくありませんよね?




ドライバーの仕事がしてみたい。会社選びのポイント教えます

ドライバーの仕事で悩む

「たくさんある会社の中から、どれを選んだらいいのか…」

初めてドライバーの仕事をするなら、こんな悩みを持ってしまいます。
入社して、

「こんなことは聞いていない」「こんなに辛い仕事をするのか…」

こんな悩みを持って退社をしてしまうようでは、体力と時間のムダになってしまいます。

こうならないために、良い会社、悪い会社の見分け方があるのです。

まずは、こんなポイントを見てください。

ドライバーへの転職。こんな会社ならOK!?見抜くポイントはここ

会社選びのポイント

会社選びで悩んだら…

まずは、このポイントに目をつけてください。これを比較するだけで、あなたの会社選びは大きく変わります。

悪い会社に入らないためにも気をつけたいところです。

休日はしっかり取れるか

当たり前の話なんですが、いまだに休日があまりにも少ないドライバーの会社が多いです。

年間休日はどれぐらいあるのか?有給は取りやすいのか?

しっかり面接時に確認することが重要になります。
自分の体のためにも、必ず確認したいポイントです。

高速道路は利用できるか

「高速道路が利用できる」

普通の人からしたら、当たり前のことかもしれませんが

高速道路代をケチる会社があるのも事実

一般道を何時間も運転するのは、体に大きな負担をかけてしまいます。利用できる、できないでは体力、時間に大きな差が出てしまいます。

仕事をした分が給料に反映するのか

たくさんの時間を運転して仕事をしたのに、
固定給になっていませんか?
長時間運転したら給料にプラスになってほしいものです。

走ったら走った分だけ給料に反映する

頑張りはきちんとお金にして認めてもらいたいところです。

荷物は何を運ぶのか。あなたが持てる物なのか

「こんな重いもの運べません、持てません」

これでは、何のために入社したのか分かりません。

一体、何を運ぶのか?どれぐらいの重さの物なのか?

これを確認しておかないと、腰痛や体の不調の原因になったりします。

事故をしたときの負担の比率はどうなのか

事故は好きで起こすことではありません。
しかし、起きてしまうこともあるでしょう。そんなときに、

事故の負担金の比率はどれぐらいか?

  • 数万円出せば済むものなのか?
  • 何十万円と出さなくてはいけないのか?
  • 会社が全額負担してくれるのか?

ドライバーの仕事をするうえで、かなり重要なことです。なかにはドライバーに全額負担させる会社もあるので気をつけましょう。

運転する距離はどこまでなのか

各ドライバーは走る距離が違います。

  • 地場(拠点から200キロ以内)
  • 近場(2~3県、隣接する場所まで)
  • 中距離(1~2日かかる距離)
  • 長距離(全国どこでも走る)

だいぶ仕事の内容が変わってきて、給料も大きく変わります

あなたの体力や家族と相談して仕事内容を選択しましょう。

体調を壊したときに変わりの人間はいるか

体調不良のときは休んで体を整えたいものです。
しかし、あまりにも小さい会社だと人数不足のため

体調不良のまま仕事をさせられることになります

あなたの代わりはいますか?お休みは取れそうですか?

トラックの大きさに合った給料なのか

トラックのサイズは様々です。1トンぐらいの小さな軽トラックから大型トラックまで。

あなたの運転する車はどれぐらいのものですか?

大きいトラックなら運転技術も必要になってきます。会社にもよりますが、大型トラックなら30万円は手取りで欲しいところです。

あくまでも目安にしてください。




これだけは選ぶな。ドライバー泣かせの会社とは?

ブラック企業に悩む

「あぁ、こんなはずじゃなかった…」「労働環境が悪すぎる…」

こう思って仕事を辞めてしまうのは大変もったいないことです。こうならないためにも、

これを確認すると悪い会社の傾向がある

このポイントを教えます。これは、わたしの経験から感じたものなのでかなり真実味があります。

ぜひ、確認して失敗しない会社選びに役立ててください。

仕事の昼夜交代がかなり多い

昼の仕事、夜の仕事、昼夜交代と働き方は様々ですが、

夜の運転が多いと体を壊すことがあります

そんなことはない!
という人もいますが、夜の運転が多くて体をダメにする…

こんな人がたくさんいることも真実。
若いからといってムリは禁物です。

あまりにも会社が小規模

数人程度で会社を運営している輸送業者を見かけますが、入社をオススメできません。

「急な仕事が入ってきた」「誰かが欠勤した」

これが原因で休日のあなたが仕事になる。会社に帰ってきたのにまた仕事。
これでは、体が疲れてしまいます。

  • 代わりの人間がいる。
  • 仕事を何人かで少しずつ仕事を分けて対応する。

こういうことができる人数の会社が好ましいです。

相手企業にやたらと寄り添う

一見良さげな感じもしますが間違っています。

要は取引先のいいなりになっていないか?

こういうことです。

  • 休日でも相手企業が動いているのでこちらも営業日にする
  • 簡単に値段交渉に応じてしまう

これでは、会社は良くなっていきません。休日カレンダーがビシッと設定してある会社を選びたいところです。

到着時刻があまりにもシビアすぎる

これは輸送業者、全体にいえることですが。
顧客があまりにも時間にシビアすぎるのも問題です。

そのため、高速道路代を自分で払ったり、ムリな長時間運転を強いられることになります。
遅刻しないように運転するのが当たり前ですが、面接時に聞いてみてください。

到着時刻に遅れたときのペナルティはありますか?

これを知っておくだけでも、焦りがなくなり気分良く仕事ができます。

休日の設定があやふやすぎる

  • 休日カレンダーがない
  • 相手企業に寄り添って経営をしている

休みいらずで仕事をしているドライバーもいますが、体を休めるのも大切なことです。

  • 仕事をしているが家族との時間がない
  • 休日が設定されていないために予定がたてづらい

仕事が大好きな人はこれでもいいですが、家族がいる人、趣味が多い人は止めておいたほうがいいでしょう。




まとめ

ドライバーへの転職を考えている人に見てもらいたくて書いてみました。

面接時にチェックする会社のポイントはいろいろあります。経験をもとにしているので、

「これからドライバーの仕事を考えている」こんな人はぜひ役に立ててください。







ABOUT ME
ねねこ
自分の人生での経験や失敗など悩んでいる方の参考になってくればと思っています。 やりたいことやって、行きたいとこにいって人生エンジョイを目指す!!