新しい人生観、考え方

「人生のムダを大幅カット」するとこんなに違う!新しい人生設計を始めよう

人生をムダにしてしまう高い買い物

 

年齢を重ねることにより職場で責任が増え、家庭でも肩身が狭くなり、好きなことも自由にできない。

この生き方は自分が本当に望んだものなのか?とネガティブになってしまう…。

「もっと人生が気楽に生きることができたら」

一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

しかし、常識や世間体が気になってしまい「誰もが通る道だから」と今までの生き方をムリに納得していませんか?

今までの価値観は、現代ではまったく通用しません。

これからは、昔のように何でも背負わなければいけない時代ではないのです。

○○をするだけで、人生のムダを大幅にカットすることもできてしまいます。

○○を捨てるだけでここまで違う!?これからの人生が大きく変わるかもしれませんよ。

昭和、平成の価値観は捨ててしまえ。気楽で楽しい人生を送りたいなら

 

良い学校を卒業して、大企業に就職し、そのあと結婚。

そして、念願のマイホーム…。なんて話は30年以上前のものです。

上がらない給与に増えないボーナス、それが現代なのです。

それなのに、好景気の時代を真似するような生き方は、今の時代には似合わないでしょう。

不要なものを、切っていくことで自分の人生が楽しかったり思った通りにいくこともあるのです。

他人の目を気にしてそういうことができない人もいるでしょう。

しかし、あなたの人生は誰のものでもなく、自分のためにあるのではないでしょうか?

昔と同じ生き方や価値観でいることは、現代ではまったく不要なのです。




「持ち家」は身の丈にあったものを。ボーナス返済はするな

人生で買ってはいけないもの

 

持ち家は大きなプラスの資産?

いえ、大きなマイナスの資産といったほうがいいでしょう。

年数が経てば経つほど、価値は下がり修繕も必要になってきます。

それに加えて、税金もかかってくるのでいいことがありません。

マイホームのローンを返すことができなくて、苦しい人も多くなっている時代です。

特にボーナスを見越した返済は、いまでは危険すぎるともいわれます。

2020年、あのANAや大手旅行会社のJTBはボーナス全額カット、オリエンタルランドさえ70%の減額です。

35年ローンなんて、何のために生きているのか?と疑問に感じてしまうほどです。

平均年収のサラリーマンが「憧れのマイホーム!」いまは止めた方がいいかもしれません。

「パートナーや家族」がいるだけで幸せ?ひとりで生きるのも問題なし

人生で結婚することは必要なのか

 

パートナーや家族がいて、仕事を頑張れたり人生を前向きになれることはもちろんあります。

しかし、反対に悩まされることもしばしば。

パートナーとのケンカや別れ話、子どもの教育に進路のこと。

これらが自分にとって大きなストレスになるぐらいなら、独身でいることをオススメします。

「独身はさみしいもの」

この考え方は180度変わり「独身生活を楽しんでいる人」このような考え方に変わっていくことでしょう。

結婚して「こんなはずじゃなかった」と嘆いている人もいるのでは?

そうです、わたしもその中のひとりだからです…。

 

「車」は金食い虫。都会に住むなら今すぐ手離そう

人生でマイカーが不要な理由

 

買って高い、維持して苦しいのが車です。

都会の人なら、なおさら車は要らないと感じていることでしょう。

よくいわれるのが「田舎は車がないと不便」という言葉です。

わたしは田舎生まれで田舎育ちですが、ディーラーでこんな話を耳にすることが増えてきました。

「若い人たちはほとんど車に興味がない。今じゃ車を家族でシェアしている」

そうでしょう、車がなくても現代を生活することは可能です。

買うとき、保有中、ガソリンを入れるとき、駐車場代とまさに金食い虫。

エコカーや電気自動車というより…、

若い人たちが車に乗れるようになるように「税金を安くしろ!」っていいたくなりますよね。

普通に生きるのに「たくさんのお金」はいらない

人生でどれだけのお金があれば生きていけるのか

 

「10億円あったら何に使いますか?」

よく耳にするフレーズですが、あなただったら何に使いますか?

高級車、世界一周の船旅、遊んで暮らす、欲しいものを買いまくる。

誰でもたくさんのお金は欲しいですが…、

そんなにたくさんのお金、本当にあなたに必要ですか?

年収300万円の人に10億円あげても、ムダ使いをして終わってしまうことでしょう。

なぜ、そうなるのか?

お金の使い方を知らないし、それだけの人間の枠ができあがっていないからです。

大半の人たちは、そんなお金がなくても大丈夫でしょう。

大金を目の前に、逃がす幸せもたくさんあるのではないでしょうか?

保険は本当に必要か?必要最低限なものだけをそろえる

保険はどれを加入しておけば安泰か

 

加入して安心なのが「保険」です。

生命保険、がん保険、火災保険、地震保険、自動車保険、ゴルフ保険、ペット保険。

今では、覚えることができないほどの保険の種類があります。

加入しておけば、いざ!というときに安心ですが、耳にするのが「保険貧乏」です。

「月に数万円も保険の支払いがある」という人もいることでしょう。

そんなにたくさんの保険は必要でしょうか?

「自分が死んだときに家族に…」「少しでもお金を残してあげたい」と意見はありますが…、

意地の悪い言い方をすれば、あなたがいなくなってもパートナーや家族は何とでもなります。

人間は苦境に立たされれば、それなりに生きていくものなのです。

保険代を見直して、パートナーや家族の笑顔を見ることにお金を回してみませんか?

友人は構わず切り捨てろ!心の通じ合う1~2人で十分

人生にたくさんの友人は必要なのか?

 

20代ならまだしも、30~40代になって「友人と遊ぶ」なんてことはありますか?

食事やお酒を飲みに行ったり、買い物程度ではないでしょうか。

しかし、ほとんどの人が仕事だったり、家庭持ちで都合が合わないのが大人の証拠。

友人は年を重ねるごとに減っていくのがほとんどです。

苦し紛れに繋げていた縁をカットしていくことも、人生の棚卸しとして必要なことです。

どんな友人にも付き合うのは、自分にとってお金と時間のムダになることは間違いないでしょう。

「友達100人できるかな~♪」

って歌がありましたが、そんなに多くの友人は必要ですか?

薄ぺらい関係を作るより1~2人だけ、本当に心の通じ合った人がいるだけで十分なのです。

付き合いの薄い友人などに、自分の時間を搾取される方がストレス溜まりませんか?

ギャンブルから卒業をしよう。特に宝くじとパチンコ、パチスロ

本当に勝てるギャンブル勝率

 

行く度に数万円を握りしめていくパチンコやパチスロ、数十万円を持って売り場に並ぶ宝くじ。

この2つは特に止めたいギャンブルです。

娯楽がありふれたこの時代に、パチンコ産業は到底勝つことはできないでしょう。

アニメやゲームの新台を発表を繰り返しても、パチンコユーザーは取り返すことはできません。

それにお金を使うことは、パチンコ店にとってカモがネギを背負ってくるようなもの。

宝くじも同様です。

宝くじの1等当選確率を知っていますか?2,000万分の1ともいわれています。

雷に打たれる確率が1,000万分の1で、その2倍です。

「買わなきゃ分からない」といいますが、数字を見れば買わなくても分かりますよね?

お金の使い道は人それぞれなので「止めたら?」とはいいませんが…。

 

ひとつの収入だけは危険!たくさんの財布を持つべし

楽して稼ぐことのできる副業ランキング

 

大手正社員でも、生き残ることが厳しいこの時代。

本業の収入ひとつだけで満足している人はかなり危険ではないでしょうか?

記事の上部にも書きましたが、大手企業でもリストラや減給が当たり前の時代。

1~2つぐらいは、副収入が入ってくる財布を持っておくべきです。

パチンコやパチスロ、宝くじにお金を使うなら株や不動産への投資へ回す。

得意なことがあれば、YouTubeにアップしたり、ブログを運営したりしてみましょう。

副収入があれあえば、本業の収入がダメになってしまっても気楽に考えることができます。

いまの時代では、複数の収入源を持つことは大事なことです。

数万円でも副収入があれば「残業もしなくていい」「好きなものも買える」「投資へ回し更なる回収へ」と余裕が出てきます。

これからの時代は、個性や感性が光る時代になっていくでしょう。

 




まとめ

どうしても常識や世間体が気になってしまい、

「みんなと同じようにしなければいけない」というのが今までの考え方でした。

しかし、本当にこの考え方はあっているのでしょうか?

本当に自分に必要なものはどれなのか?と考えることが必要になってきます。

人生にムダなものをカットすること。

誰とでも同じような考え方と生き方では、これから生き抜くことは難しいでしょう。

そうならないためにも、うまくムダなものをカットしていきたいですね。

 







ABOUT ME
ねねこ
働くあなたを応援したい! 悩んでいる人に「新しい働き方や仕事」を紹介。自分を180度変える生き方やためになる考え方とは? 気になるサービス、使ってみたいグッズのレビューもあります。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です