パートナーとの問題

彼氏や夫だって不満はいいたいことはたくさんある!これが男性の本音です

夫を断捨離したい妻の本音

 

2020年は、コロナウイルスによってリモートワークや自宅での仕事が多くなった人が増えました。

それによって、見えてしまうのが「パートナーへの不満や嫌いなところ」です。

毎日近くにいてストレスも溜まってしまい、ケンカになったこともあるのでは?

今回は、彼氏が溜まった不満を集めてみました。

ハッキリいえば、男性側の勝手な言い草というわけです。

女性からしたら「何を勝手なことばかりいってんの?」と反論もあるでしょう。

しかし、逆を考えれば「彼氏や夫はこんなことを考えている」と捉えることもできます。

もちろん女性だっていいたいことは山ほどあるでしょう。

今回は叫びたくてもなんともならない男の本音を見てください。




付き合ってから3年以内が勝負!それ以上は彼氏の不満も溜まってくる?

同棲中の彼氏が浮気をした。不満の原因は

 

カップルになって最初のうちは、相手の悪いところでもかわいく見えてしまうでしょう。

しかし、それは3年間のときだけです。

それ以上を過ぎてしまうと「恋愛ドーパミン」が消えてしまうからといわれています。

 

 

3年を経ってしまうと新鮮さが減っていき、彼氏や彼女の嫌なところばかりに目がいってしまうというわけです。

付き合って、結婚をするなら3年以内で!

ズルズルいってしまったカップルの彼氏は、こんなことを不満に思っているといわれています。

センスがなくてごめんね。あげたプレゼント一度ぐらい使って

彼氏がカッコよすぎる!それは付き合って3年以内だから

 

誕生日やクリスマスにあげたプレゼント。

男性なりに、スマホで調べたり雑誌を見たりと苦労は並大抵ではないでしょう。

しかし「もらったプレゼントのセンスがないこと」と感じた女性も多いのでは?

そう思いながらも笑顔になって「ありがとう、大事にするね」ともらうことでしょう。

しかし、あげたプレゼントを身につけているときや部屋にも置いていない…。

「どうしたの?」と聞けば「大事にしまってある」や「まだ開けてないや」とのさみしい返答が返ってきます。

センスがないかもしれませんが…、あなたのことを考えて贈ったプレゼントです。

一度は身につけて、彼氏をよろこばせてほしいものです。

「何でもいい」「どれでもいいい」間違ったら怒るくせに

夫を断捨離したい妻の気持ちと不満

 

「遊びに行くのは、どこでもいいよ」「ご飯は何だっていいよ」というセリフ。

男性なら、デート中に一度は聞いたことのあるフレーズではないでしょうか?

しかし、この返答が一番難しく男性を悩ませます。

「こんなスポットはどう?」「あそこに行ってみない?」と提案しても「そこはちょっと…」と困り顔。

「面倒くさい」これが男性の本音でしょう。

ある女性は「男性だったら、女性の気持ちを考えて何件もの食事する店を予約しておくべき」とSNSでツイートしました。

それが大炎上したのは、まだ記憶に新しいところです。

さすがに、ここまでのわがままをいう女性は見当たらないと思いますが…、どうでしょうか?

理由をあれこれつけてエッチを断らないで。ガッカリ感がハンパない

夫、旦那とセックスをしたくない理由

 

若いカップルならセックスに対して、大きな問題もないでしょう。

ただ、それも同棲がズルズルいってしまうとどうなるのか?

特に女性の方から「今日はしない」と断ることが多くなってくるでしょう。

「仕事」「体調」「気分」と女性の気分は変わりやすいので仕方がありません。

しかし「NO」というのもある程度までに!と男性は思っているでしょう。

セックスを断られると、ほとんどの男性がガッカリしてしまいます。

気分が凹んですねてしまう彼氏を見るのも、彼女にとって大きなストレスになりませんか?

同棲すれば悪いところも見えてくる。すぐに嫌にならないで

彼氏に治してほしいことランキング

 

結婚を意識してカップルが始める同棲。

最初のうちは、相手の嫌なところもかわいく見えるでしょう。

それも同棲して数年だけの話です。

そのうちにお互いに嫌なところがチラホラ見えてきます。

「あれ、この人といっしょにいていいのかな?」一番最初にそう感じるのはもちろん女性でしょう。

何もしないし、何もできない。「何でこの人を選んだのか?」と薄々感じてくるでしょう。

料理や家事ができる男性はごく一部なんだと、女性側には知ってもらいたいものです。

愛想つかして同棲を解消してしまう女性もいると聞きます。

男性ってそんなものなのです、長い目で見てくれませんか?

タバコ、お酒、ギャンブル…。少しは許してくれませんか?

彼氏のタバコやお酒、ギャンブル癖を治したい

 

タバコやお酒、ギャンブルは女性からしたら気持ちのいいものではありません。

彼氏のことを考えて、真剣に止めてほしいと考える女性もいるでしょう。

でも、少しぐらいなら許してはもらえないでしょうか?

一日数本のタバコや少しのアルコール、月に数千円程度のギャンブルならかわいいもの。

それが楽しみで毎日頑張っている男性だっています。

人に迷惑をかけたり、借金をしていないのなら…。

趣味として嗜好品として考えてあげるてもいいのかもしれません。




夫だってストレスは最高潮!現代の男性の悩みとは…

彼氏や夫の愚痴や不満はどんなものがある

 

いつの間に女性はこんなに強くなっていったのか?

いいえ、反対に男性が弱くなってしまったのでしょうか?

家に帰ることも嫌になってわざと残業をしたり、帰り道にどこかに寄ったりする夫が多くなっています。

一家の大黒柱という言葉はもうなくなってしまいました。

家庭内で男性の地位は落ちていき、ストレスも極端に溜まっていることでしょう。

妻であるあなたへ、怒らず「夫って、こんなこと考えていたんだ」程度に見てください。

家庭で一番ツラいのは夫なのかもしれませんよ?

どうして家族の中で順位が一番下なのでしょうか?

夫への不満、妻への不満はこんなところにある

 

少しでいいのです、夫のことも考えてくれませんか?

子どもはひとりで全部のことができません。ペットも勝手にご飯を食べるわけではありません。

だからといって、家族の順位がペットより下になっている夫たちがいます。

もう少し何とかならないでしょうか?と夫たちは嘆いています。

少し気を使ってくれるだけで夫は気分が良くなるものです。

たまには、夫の好きな料理を出してあげるだけ気分は最高潮になります。

一度試してみてください、男って単純だな~って思いますから。

少しでいいから…。毎日、夫婦の会話の時間を作りませんか?

夫婦間の不満と仲良くする方法

 

「ただいま」「おかえり」

で、今日の会話が終わってしまう夫婦がいます。

妻に話しかけても、空返事や愛想のないものばかりで会話にすらならない…。

女性は、仕事に家事、育児と男性以上に忙しいものです。

すべてが終わったときには、自分の時間を作りたいのも分かります。

夫に構っていられないのは、もちろんのことです。

 

 

ですが、会話ぐらいはしてもいいんじゃないでしょうか?

「長年夫婦をしていると空気みたいな存在になる」

会話がないってかなりさみしいものですよ?

エッチを誘うのは男(夫)だって勇気が必要なのをご存知?

セックスレスになったときの夫婦の不満。夫の意見と妻の意見

 

エッチを誘うときに勇気がいるのは女性だけだと思っていませんか?

答えは、NOです。

男性(夫)だってそれなりの勇気が必要なのです。

誘っても返ってくる返事は「疲れている」「眠たい」「○○が痛い」「そんな気分ではない」というものばかり。

こんな返事が毎回返ってくるようでは、男性だって誘うのにかなりの勇気を振り絞っています。

知ってました?エッチした次の日に男性が気分がいいことを。

何かやってほしいことや手伝ってほしいことがあるのなら、うまくその気にさせるのも女性の腕次第ともいえます。

 

何でもかんでも夫を悪者扱い。それ関係ありますか?

夫を捨てたい妻の心理と不満

 

「あなたがしっかりしないから、子どもまでダメになっていくのよ!」

それは、完全にこじつけではないでしょうか?

と世の中の夫たちは考えているでしょう。しかし、反論すれば10倍にもなって返ってきます。

あげくの果てには、子どもの行動や悪い癖まで夫のせいになります。

「こういうところは、あんたに似たのよねぇ」

そんなところまで、夫のせいにされてはたまりません。

家事はパーフェクトにできません。少しは優しく見てくれない?

家事ができない男性を女性はどれぐらい不満か

 

最新のある調査で家事についてのデータが出ました。

「家事の8~9割は女性が行っているともいわれています」

「家事を手伝う男性が多くなった」といわれていても、現実はこのようなものなのかもしれません。

家事をまったくやらない夫もいますが、妻を応援したいと率先して家事をする夫もいます。

しかし「その家事のやり方が気に入らない」という妻の言葉も耳にします。

「洗濯物はピシッと張って干すことをしない」「買い物を頼んだらムダなものを買ってくる」

女性から見たら男性の行う家事の採点は30点もいかないでしょう。

だからといって「やり直せ」「気に食わない」というのは男性の気持ちをへし折ると同じことです。

少しは寛大な気持ちで、男性の家事を見てやってはくれませんか?




まとめ

彼氏や夫の不満を集めてみました。

女性から見たら何もできない彼氏や夫に対して文句もいいたくなるでしょう。

しかし、多くの男性はグッと我慢しているのです。

反論したいが「彼女や妻の機嫌が悪くなる」と口にしない男性も多いはず。

もう少し、もう少しだけ…、彼氏や夫に優しくしてはくれませんか?

 







ABOUT ME
ねねこ
自分の人生での経験や失敗など悩んでいる方の参考になってくればと思っています。 やりたいことやって、行きたいとこにいって人生エンジョイを目指す!!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です